記事詳細

2018年2月19日前へ 前へ次へ 次へ

《色材協会が第27回顔料分散講座》

 色材協会が2月19日に東京塗料会館(渋谷区恵比寿3-12-8)で開催。分散の基礎や表面処理のほか塗料やプラスチックへの顔料分散など、全6テーマにつき関連メーカーの技術者らが講演する。受講料は会員が1万9500円、会員外が2万9800円。問い合わせは03-3443-2811まで。内容は次の通り。
 ①9時~「顔料分散の基礎-顔料分散の基礎理論と分散性向上のためのアプローチ」(DIC)②10時30分~「顔料の表面処理と分散-銅フタロシアニンブルー顔料を例に、粒子表面の処理が分散性・分散安定性に与える影響」(大日精化工業)③12時40分~「塗料における顔料分散-水性塗料における着色顔料の分散手法と発色性」(関西ペイント)④13時50分~「オフセットインキにおける顔料分散-原材料と製造方法、分散状態の製品特性への影響、分散性の評価方法」(東洋インキ)⑤15時~「プラスチックにおける顔料分散-顔料分散と色相」(東京インキ)⑥16時10分~「顔料湿潤剤および分散剤-分散剤の機能と選択について」(クラリアントジャパン)(2017/12/22/4)





Copyright(c)2010 The Chemical Daily Co., Ltd.