印刷インキ工業連合会は、「インキグリーンマーク」の対象インキを広げる議論を本格化する。フレキソインキとデジタル印刷機用孔版インキについて原案を会員会社に提示中。策定ずみのインキと同様に3段階のランクを設定したが、バイオマス含有量だけでなくVOC(揮発性有機化合物)の排出量など複数の要素を掛け合わせているもよう。今月20日の環境専門委員会で内容を議論し、結果次第で2回目以降の会合を開く可能性もあるが、年央には運用を開始したい考え。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

 

環境・規制・行政の最新記事もっと見る