再生可能な資源バイオマスからさまざまなバイオベースの化学品を生産する手法が注目を集めている。石油の代わりにバイオマスを原料に用いることで二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるほか、エネルギー枯渇問題や大気汚染問題も緩和できる可能性があるためだ。バイオ化学品を生産する手法の一つとして、微生物を「細胞工場」にして、バイオマスの中に含まれる糖から多様な化学品を効率的に作り出す「バイオプロセス」がある。現在、合成生物学の知見や、ゲノム編集技術を用いてバイオプロセスを発展させ、従来では作れなかった化学品を生産したり、従来よりも高効率に化学品を生産できる「スマートセル」(賢い細胞)を開発する動きが加速している。日本触媒は神戸大学の新たなゲノム編集技術「Target-AID」を用いて、塗料や粘着剤の原料であるアクリル酸エステルのアルコール部分であるn-ブタノールを高い収率で生産できる微生物を開発した。遺伝子組み換え体ではないブタノール高収率菌株は世界初となる。将来的に同菌株を用いることでアクリル酸エステルのバイオ化への道が拓ける可能性がある。(藤岡竜志)続きは本紙で

ブタノール発酵菌の研究開発を行っている日本触媒の吹田第2研究棟

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る