空気入りタイヤの発明により、100年余かけて基本性能の飛躍的向上を遂げてきた自動車タイヤ。自動車そのものが大きく変貌しようとするなか、さらなる性能向上を再び空気充填を不要とするエアレス化に求める動きが本格化してきた。今月4日~6日にカナダ・モントリオールで開催された世界の持続可能なモビリティを目指す「Movin’On 2019 サミット」で、ミシュランがゼネラルモーターズ(GM)と共同で2024年にも乗用車向けエアレスタイヤを発売する方針を発表。すでに商品化しているオフハイウェイタイヤに続き、自動車タイヤへとエアレス化の取り組みを拡大する。国内タイヤ各社でも独自技術ベースに研究開発を推進しており、同技術でリードするミシュランの発表を契機に自動車タイヤにおいても基本構造を抜本的に見直す大変革が訪れるのか、今後の動向が注目される。続きは本紙で

ミシュランのプロトタイプホイール。ホイールにはアルミニウム、支持構造部には複合ゴムと独自の革新的な高強度のガラス繊維強化樹脂を採用

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る