産業用や個人向けなどさまざまな分野でドローン(小型無人機)の採用が広がっている。日本における2018年度のドローン産業の市場規模は860億円と推測されており、いぜんとして規模は小さい。しかし民間の調査会社の調べによると、20年度に1753億円、24年度には3741億円に拡大すると予測され、今後の成長が期待されていることは間違いない。とくに農薬散布や空撮、土木測量、インフラ点検などドローンを用いたサービス分野の伸びが大きいとみられる。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る