モノづくりの根幹である金型の製造には自動化の波が押し寄せ、昔ながらの職人的要素は影を潜めつつある。そのなかで金型の鏡面仕上げなどには手磨きの工程もまだ残り、ナノの世界の精度ではむしろ機械を凌ぐ優位性もある。ただ3Dプリンターの台頭により手作業はおろか金型の行く末すら不透明といわれる背景には、大量消費時代の終焉という社会のトレンドも間違いなく関係している。外部環境の変化と技術革新の先に見えてくるモノづくりの未来とは、どんな風景なのだろうか。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る