2015年に国連サミットで採択された持続可能な開発目標(SDGs)。17の目標・169のターゲットで構成され、環境やエネルギー、資源、健康、衛生、教育、労働、人権など世界が抱えるさまざまな問題が網羅されている。日本国内でもSDGs達成に向けた動きが活発化しており、企業にも大きな期待が寄せられている。企業にとっては課題解決に寄与する新製品や新技術の開発、従業員の意識・モチベーション向上に加えて、顧客や投資家をはじめとするステークホルダーからの評価を高めるためにも目標達成に取り組むことが必須となっている。経営強化の好機と捉え、中部・関西に本社を置く各社がさまざまな取り組みを行っている。(細井康弘、池田旭郎、安宅悠)続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る