昭和電工の大分コンビナート(大分市)は2019年3月に操業50周年を迎えた。この間、エチレン設備の戦略的再編や原料多様化などの競争力強化策を打ち、環境変化を乗り越えてきた。その機敏な対応力は、国内で唯一九州に立地する地理的条件ゆえに育まれた「生きる知恵」だ。

「スタンドアローン」と表現される昭和電工の大分コンビナート

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る