バブル崩壊後の不況にあえぐ日本では99年、産業活力再生特別措置法が制定された。これにより会社分割や合併、事業譲渡、増資などの事業再編が加速、M&Aが経営手法として一躍注目されるようになる。08年秋のリーマンショックにより日本でのM&Aは一時下火となるが、12年から6年連続で増加し、昨年は金額・件数とも過去最高を記録した。化学業界でもM&Aが広がるが、その狙いは大きく2つ。1つはシェア拡大を目指し同業他社を傘下に収めるもの、もう1つはバリューチェーンを広げるため川上・川下へ進出するもの。つまり前者はヨコを強く、後者はタテを強くする戦略だ。続きは本紙で

 

 

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る