平成の30年、日本の化学産業は事業の主役を交代させながら環境変化の荒波を乗り越えてきた。粘り強く課題と向き合う胆力で事業を創出する。それが未来を切り開く神髄だ。「モビリティー(移動手段)」「エレクトロニクス」「ヘルスケア」-。来る令和時代の主役を育てようと、成長分野に挑む各社の戦略に迫る。続きは本紙で

自動車のフロントガラスにさまざまな情報を映し出すHUDにくさび形中間膜が欠かせない

 

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る