- 自動車産業ではEV(電気自動車)化の取り組みが加速しています。

 「主力の自動車排ガス触媒は、HV(ハイブリッド車)やPHEV(プラグインハイブリッド車)といった電動化により機能・使われ方が複雑化しており、それに対応した新たな触媒種の開発に取り組んでいる。触媒を効率良く働かせるためにはコート技術も重要。触媒の性能・品質・コストにはケミカルとメカニカルの両方が大きく関わっている。自動車触媒では、触媒性能開発と生産技術の2つを強化していく必要がある。また、次世代車の取り組みでは燃料電池の電極触媒に注力しており、貴金属の使用量を低減しつつ高性能な次世代触媒を実現するため開発を強化し、今後拡大する市場において優位性を確立していく」

 - 自動車触媒以外の製品はどうでしょうか。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る