- 就任の抱負は。

 「長期ビジョン『FujiPharma2030』をきちんと仕上げていきたい。向こう10年におよぶが、前半5年、後半5年で取り組むべき課題をまず明確化していく。目下のテーマは通過点である24年9月期に向けて、減収減益基調を脱し、足元を固めていくこと。主力の造影剤事業の強化、新製品投入、海外展開の3つを軸にして取り組みを進めていきたい。後半5年間を支える中核製品をいかに生み出すかに力を注ぐ」

 - 軸となる取り組みの方向性は。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る