- 2009年の社長就任からの“再登板”です。改めて抱負を。

 「次世代を見据えた成長への布石として、製造プロセスの改善、開発体制のさらなる強化、マネジメント・ガバナンス体制の改善をグローバルで推し進めることが最大のミッションだ。当社は全16拠点のうち14拠点を中国、台湾、欧米、東南アジアなど海外に持つ。7月に海外子会社との連携を担う新部署、グローバル関係会社統括室を設置するなど組織再編を行った。これにより、子会社管理体制の強化やグローバル成長戦略の見直しなどが進み、先を見据えた成長基盤を築ける体制が整った。海外に12ある工場は稼働率の分析も行うことで、品質と生産性の向上を目指す。時期は明言できないが、海外売上高比率は現状の6割から8割に高めたい」

 - 事業環境や注力すべきテーマは。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る