- 社長就任に際しての感想は。

 「重責を感じる。従業員とその家族の生活を守るためにも持続的成長を実現していかなくてはいけない。ここ数年、業績は堅調で健全な財務体質を維持している。経営の方向性が大きく変わることはない。しかしながら、今後の成長を確実なものとするためにも新たな成長路線を創造していく必要がある。当社はニッチ市場で高い市場占有率を誇るが、各事業でさらなる用途拡大を図りながら、事業の幅を広げていく。同時に、国内だけでなく、海外の新規市場も積極的に開拓していきたいと思っている」

 - 経営環境の先行きがますます読みにくくなっています。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る