- 苦境の中で社長に就任されました。

 「過去4期連続で業績が悪化し、前期は赤字に転落。業績不振の責任を明確にするため今回の経営陣の刷新にいたった。ただ役員一人ひとりは優秀で、経営陣としてチームのベクトルが一つになれば必ず良い方向に向かうと考えている。それと所信表明で社内に伝えたが、多くの課題を抱えるチッソという会社に入社した社員は元々、挑戦心を持っている。もう一度、社員全員が入社した時の気持ちを思い出し、その力を一つに合わせたい」
 「今日の状況を招いたのは、中核の液晶事業に依存しない収益体質作りが、10年を経ても課題のまま残ったためだ。液晶パネル関連で中国勢の活発な動きが始まった2011年頃からさまざまな施策を打ってきたが、スピード感が欠けていたことが大きな反省点。この1~2年で経営再建が果たせなければ、未来はないとの覚悟で臨んでいく」
 「会社全体で利益に対する貪欲さが不足しており、社員の意識改革も急務だ。収益に貢献した社員に報いるため、昇進や賞与などの制度を見直す予定だ。利益追求の姿勢を徹底し、顧客とともに成長し続ける意識を全社に根付かせていく」

 - 4月に19~21年度の中期経営計画「Think&Act2021」が始動しました。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る