- 社長就任の抱負を。

 「新たに策定した長期ビジョンの実現に向けて、その下地を確実に作っていくのが私の役割。米中関係など事業環境が不透明な中での船出となり、託された責任は重い。長期ビジョンで示した方向性の軸がぶれないよう取り組んでいきたい」

 - 来期から始まる次期3カ年計画についてはどう考えていますか。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る