- 就任の抱負を。

 「入社以来、営業や経営企画、財務経理、人事総務など幅広い部署を経験させてもらった。直近2年は社長のサポート役、経営企画担当として2030年までの長期ビジョン策定に携わった。そこで示した将来のあるべき姿に向かって、まずは19~21年の第3次中期経営計画のアクションプランを着実に進める。短期的には色々なことが起こり得るが、そこは臨機応変に時々の最善策をタイムリーに打っていく」
 「全社員に『主役』の意識を根付かせることが長期ビジョンや中計達成に不可欠だ。社長に就任してから各事業所を回り、策定の背景や意図、それぞれに期待するところを自分の言葉で説明している。さまざまな部署、世代の人が30年に向けた抱負を語る冊子も全社員に配布する予定だ。身近な人の言葉から各々が担う役割について理解を深め、全社のベクトルを合わせていきたい」

 - 世界経済の先行き不透明感は強まっています。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る