▽ 事業環境と経営方針は。
 「アルミ市場も激動といえる拡大期を迎えている。自動車や航空機といった輸送分野での需要が増加している一方で、エネルギーコストの高騰や保護貿易主義など周辺環境は不安定で将来予測が難しい。そのような状況で当社は、トータルソリューション・プロバイダーを目指していく。各事業部が培った技術開発力と生産技術をベースとした提案型のビジネスの展開を進めていきたい。その一環として、各事業を横串した『自動車事業推進本部』を設置し、アルミバンパー材など自動車部材の材料開発から成形加工、品質管理までを一貫する製造体制を構築した。各部署の知見が集中したことにより、開発のスピードgが上がるとともに顧客へ多様な視点からの技術提案ができるようになった

▽ 今期からスタートした中期経営計画のポイントは。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る