ちふれホールディングス(埼玉県川越市)は中高価格帯領域のブランドを強化する。中価格帯ブランドはドラッグストアへと販路を広げ、2018年度内に導入店舗数を現在の約5倍に増やす。高価格帯ブランドをこのほど立ち上げたのにともない、百貨店の店頭もテコ入れする。これまでは低価格帯ブランドも扱ってきたが、新ブランドへと順次切り替え、百貨店では今後、中高価格帯ブランドの販売に集中する。低価格帯ブランドは全社売上高の7割超を占めており、中高価格帯領域の育成に力を入れていく。

百貨店では中高価格帯ブランドの販売に集中する(改装後の売場のイメージ)

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る