みどり化学(東京都豊島区、堀江晴夫社長)は、医薬品や電子材料向けを中心とした有機化学品受託合成の生産体制を拡充する。藤岡工場(群馬県藤岡市)の第3期計画が来年2月めどに本格稼働する。すでに工場棟建屋は完成、生産設備工事などを進めている。これにより藤岡工場は3工場棟体制となり、当面の需要に対応可能な体制が整う。同工場では今後の稼働状況をみて第4期工事も視野に入れる方針で、早ければ来夏には新工場棟に着工したい考え。

藤岡工場の第3工場棟建屋(中央)

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る