素材ベンチャーのアイ-コンポロジー(東京都)は、オールバイオマス成分によるコンパウンド材料の開発を加速する。木粉などを用いた射出成形可能なウッドプラスチック(WPC)コンパウンド開発に強みをもつ同社だが、樹脂成分にもバイオマスかつ生分解性の樹脂を用いた素材を提案する。すでにポリ乳酸(PLA)をはじめ複数のバイオプラスチックを用いた試作を行っており、ラインアップおよび物性データを拡充することで展開を広げ、SDGsなどの世界的な環境要請に応えていく。

開発した各種ウッドプラスチック材料とそれを用いた成形品

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る