アクトン・テクノロジィは、日本で企業向け無線製品の市場開拓を進める。同社は台湾アクトン・テクノロジィの日本法人。免許不要な60ギガヘルツ帯を利用する高速無線LANシステムを軸に、企業内ネットワークの無線化を提案。オフィスIoT(モノのインターネット)に向けたドア・窓用センサーやスマートメーターなどの市場探索も進める。先行するオフィスから工場などへの利用シーン拡大や有線の無線化による管理負荷低減なども訴求し、製品普及につなげる。続きは本紙で

無線LAN(上)、IoT製品の両面で日本市場を開拓

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

【セミナーご案内】
《保安安全セミナー》『化学産業におけるサイバーリスク対策とは』

先端材料・部材の最新記事もっと見る