アスク工業(本社・長野県長野市)は、異種材料接着用シートについて、コンポジット分野での用途拡大に乗り出す。金属と炭素繊維強化プラスチック(CFRP)など異なる材料を強力に接着できる特性を武器にスポーツ用品で豊富な採用実績をもつシートで、新たに既存技術では難しかったハニカム材や発泡コア材と一体化した状態でのRTM(レジントランスファーモールディング)成形の提案も開始した。同様のシートは世界的にも2社しか製造していないとみられ、高い機能性と独自性を訴求してコンポジット業界での製法革新の動きを後押ししていく。

アスナーシートや同NW、それらとコア材を組み合わせた新製品。家具や構造部材などの用途を想定

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る