アステラス製薬の主力品が競合品に脅かされつつある。去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)治療薬「イクスタンジ」、過活動ぼうこう(OAB)治療薬「ベタニス」、急性骨髄性白血病(AML)治療薬「ゾスパタ」をめぐり、作用機序の同じ薬剤が日本市場で次々と登場。同社は特許の切れたOAB薬「ベシケア」などの穴を埋めるべく、これらの製品に注力してきた。予想できたとはいえ混戦必至の状況だ。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る