アズビルは、位置計測センサー「K1G」の用途開拓を推進する。帯状の光電センサーで、レーザーを遮光したものの位置を計測する仕組み。加工組立工場の製造装置内に設置し、フィルムの蛇行の計測や、半導体ガラス基板のずれや欠けの検出などに使われる。今後もキラーアプリケーションの開発に注力していく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る