育毛製品開発のアドバンジェン(千葉県柏市、小池浩一郎代表取締役)は、微細藻類由来の多糖類「プレクラン」を採用したスカルプローションを医薬部外品として年内にも市場投入する。プレクランは育毛促進因子「FGF7」の産出を促進するもので、発毛サイクル(毛周期)を回復させる効果などが期待できる。同社は脱毛因子「FGF5」に着目して開発した女性向けブランド「jo-ju RED」などを販売、着実に業績が拡大している。今後、新製品を将来の主力製品と位置づけ拡販していく。

プレクランが育毛促進因子の産出を促進(パナック提供)

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る