アドバンテストは、5G(次世代移動体通信)などを見据えたテスター事業を強化する。メモリー向けと非メモリーのSoC(システムオンチップ)向けの双方が好調のなか、6月に両事業を国際的に統合した。2019年以降の5G需要本格化に向けた準備を進める。ADAS(先進運転支援システム)やAI(人工知能)などの技術トレンドもにらみ、半導体の多様化・利用拡大に備える。足元の旺盛なテスター需要への対応も進め、まず今期予想の上乗せを目指していく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る