サウジアラムコとインドの石油大手3社がマハラシュトラ州ラトナギリで計画する大型製油所・石油化学プロジェクトにアブダビ国営石油(ADNOC)が加わることになった。プロジェクトを進める合弁会社にサウジアラムコとANDOCが合わせて50%を出資することで基本合意した。新たな枠組みによって、中国や米国、ASEAN(東南アジア諸国連合)で大規模な投資計画を進めるサウジアラムコは投資水準を抑制でき、原油供給先を拡大できる。ADNOCは精製や石化事業を強化し、成長するインド市場への参入の足がかりを得ることになる。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る