アブダビ国営石油(ADNOC)は、化学関連事業の強化に向けて新規計画を打ち出した。主力拠点であるルワイス工業団地においてリニアアルキルベンゼン(LAB)設備の新設を決定したほか、樹脂コンパウンドの事業化を検討中。同国とモロッコでは肥料の事業化にも着手している。これらの投資計画は同社が掲げる2030年までの成長戦略に沿ったもので、外部パートナーとの連携により具体化を進める。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る