アリスタライフサイエンスは、高温や低温、物理的な被害(非生物的ストレス)により農産物の収量減少を軽減するバイオスティミュラント製品のライン拡充策として、海藻由来の抽出成分「GA142」を原料とする葉面散布用肥料「タフプラント」ブランド2剤を独自開発した。健全な樹を作り、リンゴの着色の改善などに効果を示す。3月1日からリンゴ主産地である青森、長野といった一部地域で販売開始する。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る