アルビオンは、持続可能な化粧品の開発に向けた取り組みを加速させる。今年、千葉県で大学から薬草園を取得した。秋にも現地で活動を開始し、化粧品原料の候補となる薬草を探索する。スリランカの最大都市・コロンボ近郊に構える伝統植物研究所では、実用化のめどが立った原料植物の量産化のためにほ場を増設した。同社では原料植物を自ら栽培し、トレーサビリティ(追跡可能性)の確保による安心・安全の提供につなげてきたが、持続可能性への関心が高まるなか、一連の取り組みは新たな強みとなりそうだ。続きは本紙で

原料植物の量産化に向けて増設したスリランカの第3薬草園

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る