水素キャリアとしてのアンモニア製造および利用技術開発に関し、成果が相次いで発表されている。アンモニアを燃料とする火力発電や燃料電池の実証成功、低温低圧のアンモニア合成プロセス装置の完成が続いた。アンモニアは液化水素などに比べ水素貯蔵密度が大きく、供給インフラも整っている。劇物のためエネファームなどには適さないが、発電燃料としての実用化が有望視されている。CO2フリー化の実現が次の課題となっている。


IHIのアンモニア混焼ガスタービン試験設備(同社横浜事業所内)

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る