臨床検査薬大手のアークレイ(京都市)は、血液中のマイクロRNAを検出してがんを早期発見できる自動検査装置を開発した。血中にわずかに存在するマイクロRNAを物理的に濃縮して定量化する独自の測定技術を駆使。酵素を使って遺伝子を増幅する一般的な技術に比べて誤差の小さい正しい結果を得られ、さらに、安価に調べられるようにした。小規模の医療機関も導入しやすい小型装置に仕上げ、数年内の実用化をめざす。続きは本紙で

血液中のマイクロRNAを測定する自動化システムの試作機(上)と装置の内部。卓上サイズに小型化を進めて小規模医院でも導入しやすくする

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る