サステナビリティへの取り組みをグループを挙げて推進するイオン。レジ袋削減と並行して、バイオマスプラスチックを使ったレジ袋の導入をコンビニエンスストアやドラッグストアなどへ広げるとともに、消費者に持参してもらうエコバッグや買い物かごを充実。再生材を使用したエコバッグを通じた地域の廃プラ活用も視野に入る。容器包装材料についてはバイオマスプラスチックや再生材の検討を足元で行っているが、重視するのは、素材の切り替えで世の中がどう変わるか、暮らしへのメリットなどを消費者へ説明すること。その実現のためには一定程度の規模が必要なことから、こうした素材の使用量も「必然的に大きな数字の組み立ては必要になる」という。続きは本紙で

レジ袋削減の一環としてバイオマスプラスチックや再生材を使ったアイテムを充実させる

コンビニやドラッグストアなどの業態でも環境負荷低減を促進する

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る