イチネンホールディングス(HD)グループでは、バイオマス度向上に寄与する環境配慮型コンパウンドの販路を拡大する。イチネンケミカルズ、イチネンジコー、イチネンジコーポリマーの3社連携で「製造・販売が一体となり提案する」(同社)方針。今年に入り再生ポリプロピレン(PP)を混練した新グレードも正式投入した。3社ごとの独自ブランド化も視野に入れ、顧客ニーズを捉えた販売増につなげていく。

続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

セミナーイベント情報はこちら

環境・規制・行政の最新記事もっと見る