イネオスは英国で10億ポンド(約1480億円)の大型投資に踏み切る。北海油田の原油を輸送するパイプラインの大幅な改修プロジェクトを進めるほか、酢酸ビニルモノマー(VAM)のプラントや発電設備などを新設する。欧州連合(EU)離脱「ブレグジット」の先行きに注目が集まるなか、イネオスでは大型投資によって同国における事業体制を強化し、輸出の増大などに貢献する意向を強調している。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る