ケミカルポンプと流体制御機器メーカーのイワキ(東京都千代田区神田)は、医薬品プラント向けロータリーポンプの新製品を市場投入する。新製品は医薬品原料や中間体製造装置向けサニタリーロータリーポンプで今回、業界初となるステンレスギヤケース採用の新機種について販売を開始するもの。近年、医薬品プラント市場では、優れた強度をもち、コスト競争力を向上させたステンレス仕様への顧客ニーズが高まるなか、同社は市場攻勢をかける。

ステンレス仕様はコスト競争力が高くサニタリー性に優れている

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る