イワキは、一般用医薬品・化粧品関連ビジネスで海外需要の取り込みを積極化する。一般用医薬品関連ではアジア市場を対象にアウトバウンド需要の新規取り込みを強化するほか、量販店におけるインバウンド需要に対応した営業体制を拡充。化粧品関連では原料の海外向けOEM(相手先ブランドによる生産)を強化するとともに、グループ会社で手がけるスキンケアを中心とする自社化粧品の海外販売の検討も進め早期の具体化を目指す。これらによってアウトバウンド・インバウンド関連の事業展開に弾みをつけ業容拡大につなげていく。

海外販売を検討する化粧品の一つシルキーカバーオイルブロック

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る