【台北=吉水暁】医薬品開発支援機関(CRO)のインテリムホールディングス(東京都台東区)は、台湾のバイオベンチャーなどと日本の製薬企業を橋渡しする取り組みを始める。新薬の”タネ”を外部から獲得しようとする動きが強まるなか、多彩なシーズを持つ台湾のバイオベンチャーなどを紹介する。日本や台湾での治験も請け負い、ワンストップで上市までサポートできる体制を整える。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る