【バンコク=岩﨑淳一】インドラマ・ベンチャーズは、7月内をめどに米国ルイジアナ州のエチレン設備を本格稼働させる。同社初となる分解炉の操業で、生産能力はオレフィン年44万トン。米国内ではエチレングリコール(EG)などの拠点があり、原料からの一貫生産体制で事業基盤を強固にする。積極的なM&A(合併・買収)でポリエステルチェーンを強化するなか、原料確保のため協業なども候補として川上分野の拡充を進める方針。

同社初の分解炉を米ルイジアナ州で本格稼働

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る