【上海=但田洋平】イーストマン ケミカルは、耐薬品性に優れたコポリエステル「MXF221」を中国市場に投入する。医療関連感染(HAI)による健康被害が世界的に問題となるなか、同製品は医療機器の筐体などに用いることで、消毒剤からの耐性を高められる。今後、中国市場でも聴力測定器やウエアラブルセンサーなどでニーズが拡大すると判断した。需要を見極め、中長期的には中国国内での生産も検討する。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る