三菱ケミカルグループのウェルシィは、ミャンマーで工場排水のモニタリングサービスを始める。このほど現地で排水モニタリングの事業化調査を行い、メーカー向けのセミナー開催やテスト装置の据え付けを行った。排水のモニタリングはベトナムなどで義務化されており、排水処理の規制が強まるミャンマーでも今後、同様の仕組みが導入される見通し。モニタリングサービスの豊富な実績やコスト競争力を武器に、同国でデファクトスタンダードの獲得を目指す。

ミャンマーで設置した工場排水のモニタリング装置

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る