ー 今年の各事業の見通しは。

 「事業別では産業ガス関連がVSU(高効率小型液化酸素・窒素製造装置)戦力を加速する。2020年度までに20基という目標は見込みがつきそう。水面下でプラス3基設置する計画もある。医療関連事業は昨年、当社グループに加わったカイロス社が開発した8K内視鏡カメラに注目している。鮮明な8K映像を医療に用いるため超小型化に成功し、ドクターから高い評価を得ている。エネルギー関連事業は北海道電力との液化天然ガス(LNG)事業を拡大していきたい」

 - 来年度からの新中期経営計画について。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る