エア・リキードは燃料電池車(FCEV)向けを中心とするエネルギー用液体水素の専用プラントを建設する。米国西部に建設する計画で、1億5000万ドル(約170億円)以上の投資を見込んでいる。水素ステーション事業を展開する米ファーストエレメント・フューエル社に長期供給することで合意しており、FCEVの普及を後押しする。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る