アナログ半導体メーカーのエイブリック(千葉市美浜区、石合信正社長)は、スマートセンシング技術で世界市場を開拓する。超小型・低消費電力・低電圧駆動でスマートフォンを中心に広く採用されている。2019年度には電池レスを実現する「クリーンブースト技術」を投入する方針。車載やロボット市場の開拓も強化し、20年度に売上高350億円、22年度に500億円を目指す。


石合信正社長

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る