安全性と高エネルギー密度を両立でき、エコカーに最適と注目を集める全固体電池。電気自動車(EV)で出遅れたトヨタ自動車が最も積極的な取り組みをみせているが、固体同士の界面制御をはじめ実用化には課題が山積。生産プロセス確立にも時間がかかっている。主流の硫化物系固体電解質を使うリチウムイオン2次電池(LiB)は高出力化には有利だが、万が一の時の安全性が課題。酸化物系電解質は安全性が高いものの、エネルギー密度を上げにくい。実用化は当分先ともいわれるが、多様な材料の研究開発が進められている。


シリコンバレーのハイテク企業の駐車場にある充電スタンド

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る