エチレンのアジア市況は、足元の水準で少なくとも秋口まで推移しそうだ。スチレンモノマー(SM)、塩化ビニルモノマー(VCM)の需要が堅調。秋口まで相次ぐ定修で供給は引き締まるが、ポリエチレン(PE)など生産調整中の誘導品もあることから「ウェルバランスとタイトバランスの間にある」(商社)もよう。市況が下がりにくくなっている。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

市況の最新記事もっと見る