エチレンのアジア市況は、この2週間ほど強含んでいる。生産トラブルによる欧州品の流入減が主な上げ要因で、1トン当たり1000ドル台に回復した。3月には韓国勢の定修で供給量が絞られる方向。ただ、誘導品のポリエチレン(PE)市況とのバランスで上値が抑えられる展開も考えられる。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

市況の最新記事もっと見る