エヌアイケミカル(坂本雅生社長)は、タンクターミナル拠点の本社・千葉事業所(千葉市美浜区)の設備拡充を具体化する。スクラップ・アンド・ビルド(S&B)によるステンレス(SUS)製タンクの建設工事を近く始める。完成は2020年3月を見込んでいる。かねて検討を進めてきた危険物倉庫の新設についても来年央の完成を目指し今年内に着工する計画で、これに合わせて液体化学品の詰め替え作業を行うマルチワークステーション(MWS)の移転・改造を実施する。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る