エヌエスケミカル(東京都江戸川区)は、鋼材用薬品を拡販する。角形鋼管(コラム)向けでは専用の洗浄剤を開発。ナフテンが主成分の溶剤で、塗装前の脱脂洗浄に適するほか、PRTR法や労働安全衛生法非該当と作業環境にも配慮。一般的に使用されているシンナーと差別化し、年間1万2000缶の出荷を目指す。また鋼材の黒皮除去剤や接合部の摩擦力を高める錆発生促進剤、水性の溶接スパッタ付着防止剤など、幅広い品揃えにより鋼材回りの多様なニーズを取り込んでいく。


シンナーに比べ環境対応が強み(NS-3000)

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る